つけの つぶやき

ただただ宝塚95周年前後や好きな方を愛でるブログ

つけのつぶやき ~OGとファン~

最近 微々たる人生のうち 1番無機質な生活を送っています つけです。

無機質過ぎて ちょっとの贔屓摂取で胸が苦しくなります。

 

贔屓じゃなかったら大丈夫だろう。と思い、前々から仲良くさせていただいてるフォロワーさんのオススメとして 挙げられていて、

タカラヅカグラフの彩吹さんサヨナラ特集の号で掲載されていて(呪)気になっていた

「紫子」

が、スカステで放送されていたので

見ることにしました。

 

紫子の 感想は 今このように文章化してしまうと 本当に作品を汚しかねない事になってしまうのと私情が一段落したら 深く考察したいので 割愛させてもらいます。

 

...とりあえず...憎きかな我がOGセンサー。

霧矢さんが 好きで見ていたのに

青樹泉さんに 心惹かれていました。

そう。 芸能活動されてない方...に。

 

後追いファン つけ の1番辛いこと。

「贔屓のために お金を出せない」

ついに そういう方に惚れてしまったのか と少し絶望を感じました。

 

今まで好きになった方は 全員 芸能活動をされていて、 お金と時間とタイミングが許せば 毎月贔屓のための時間がさけたのです。

そして SNSをされている方は より定期的に新たな一面を見せる贔屓を見ることが出来ました。

けれど されていないと 出来ない...

後追いファンには地獄だなと。

(後追いファンに限定しているのは 私が現役さんファンしたことないから)

 

誤解して欲しくないところは

退団後も 芸能活動されているから偉い とかじゃなく。

もし私の贔屓が一般人となられたとしても  どこかで自分の理想を追い求め続けている姿を想像して 心の中で応援すると思います。

一般人だから ファンじゃなくなる とか そういうのじゃなくて、

心の拠り所が 何か一つでもあるって 幸せな事なんだな。 と改めて感じた訳です。

 

そして ファンとして 公演の思い出や パンフ等、何か残るのって 当たり前じゃないんだって すごい思いました。

贔屓が これから何をしたいか というのは いくらファンでも 決めることは出来ない。

私の贔屓は 全員 芸能活動されてますが

明日、 表舞台から降りるかもしれない。

ご結婚され  芸能活動を休止されるかもしれない。

だから 全力で ''今''を 追っかけるべきだな と感じました。

 

私の贔屓、お1人SNSをされていて、 結構な頻度でOGジェンヌさんがご登場されるのですが

その度に 贔屓ではなく 登場された方がヒューチャーされてしまっていたので

「もっと 贔屓をみて!」と毎回思っていたのですが

今 活動やSNSをされていないOGさんのファンからしたら たった 1枚の写真が 数年ぶりの贔屓だったり、 今何をしているか分かる情報だったりするんだな

と気づいた時 自分の愚かさに気づき 恥ずかしくなりました。

 

前もつらつらと偉そーに言いましたが

やっぱり 現役時代は ほんのわずかだし 贔屓が宝塚にいる時に ファンやれるって 結構奇跡だよな と本当に思います。

それにプラス、 自分も もっと全力で贔屓を愛し抜きたいな と思いました。

宝塚は分かりませんが

後追いファンは 敬遠されがちなイメージがあって 本当にコンプレックスですが 

こうなったら そんなもんとっぱらって  ファン生活を楽しみ抜きたいです。

 

という 意思表示をした所で...

2017年はもう 贔屓の姿を生では見られないんだけどね...はよ来て 2018年!!

 

そして 青樹さんが とてもカッコよくて 本当に生きてる姿(大袈裟すぎ)を 生で見られないことに 絶望を感じている! はああ...本当に憎きかな 我がOGセンサー...(2回目)