つけの つぶやき

ただただ宝塚95周年前後や好きな方を愛でるブログ

10年前振り返るオタク ~君を愛してる・ミロワール~

あけましておめでとうございます!

2017年は 気づいたら 終わってて 正直 自分のテンション的にはまだ11月くらいです。

 

今年は2018年。 そう。 

私の推し年 「2008年」から10年経ちました

おかしい。 私的には そんな経ってないんじゃないかとか思ってるんですけど

そうみたいです。

10年前... 私は〇学校でしたね。 遊び狂ってました。 宝塚には出会ってなかったけど AQUA5は知ってました。(謎の認知)

 

10年前の事を1年かけて振り返りたくて

まあ 10年前の宝塚を知らないけども 楽しみたいなと。

ということで 10年前に初日を迎えた 

君を愛してる・ミロワール~鏡のエンドレスドリーム~

を語りたいです。

紹介というより 見たことある人が あー確かにー と思えるような文章が続くので

未見の方は とりあえず見てください。

ミロワール 1月放送あります!(2018年1月現在)

 

君を愛してる

水さん時代2作目。 初大劇場オリジナル作品。

木村信司先生作品!!!

このパンフレットを見ると

木村先生のコメント欄に

「水さんにコメディ役を。そして彩吹さんに悪役を~」などと仰っていたのをちらっと見たことがあって(うろ覚えだから 内容不安)

主役や主に置くべき役者が 固定されている宝塚だからこそ そういう発想ができ

主役(トップ)に何をやらせたいかを 演出家が役者に 自由に描けるのが 宝塚の良さだよなあ

というのをいつそのコメント見ても思います。

そのパンフのコメントを見てから

「トップになるべく オリジナル作品を。」

って思うようになりました。

 

前置きが長くなった。

f:id:m-life226:20171231134310p:image

水さんは旧貴族の家柄で お坊ちゃん

白羽さんは サーカスの空中ブランコ乗りの女の子

彩吹さんは サーカス乗っ取ろうとする人(雑!!)

音月さんと凰稀さんは 水さんの友人

大月さんは 凰稀さんのガールフレンド

って感じです。※安定の役名で言わないやつ

 

幕開け

現在の2番手男役彩風咲奈さんが ピエロ姿で登場され それがピエロそのものでとても可愛い。

(白塗り×幼くて 可愛いしか言葉でない)

今思うと 研1で 大抜擢だよね。

 

亡くなった水さんのお父さんの遺産相続の場面

水さん結婚してないから結婚しないなら 弟の緒月さんに相続する

 しかも 結婚しないなら結婚相手を 凰稀さんのガールフレンド 大月さんに。

今だと 大問題な設定だよね。 結構この作品

結婚しなくちゃ 結婚しろ みたいなセリフ多くて  当時はどう思われてたかは わからないけど

「結婚しない自由もある! とか。 Twitterで議論になって反論ツイに1万RT来るやつ。

(それ言ったら舞台の話進まん)

 

そして困って 水さん酔いつぶれて 偶然教会で 白羽さんに 助けられ

そこから 潰れそうなサーカス団助ける

という流れ。

 

水さんの役は 冒頭は 他力本願で 何でも手に入るから 夢もなくて。

けど白羽さんは そんな姿に キレて 叱咤激励する。

深読み厨なので 客席にもそういう叱咤激励してるんじゃないかと 思ってしまう。

チャンスがあるのに なにも夢がないからそれを無駄にしたり

自分から 何かを行動出来ない事って 誰しもあって

だからこそ 水さんの役に親近感湧くし

白羽さんがキレる事に 頼もしさを感じるんだと思う。

現代チックな話故に 主要キャスト全ての感情が理解できるし 皆可愛い。

凰稀さんは ヘタレキャラだし

音月さんは 陽気キャラだし

どこ見ても 個性の塊すぎる。

可愛い。 

彩吹さんの 気持ちも分かる。

愛してる白羽さんを思うあまり 彼女が大切にしてるサーカス団を 守るための不器用な愛情。

それが 白羽さんの気持ちを汲まないあまりにすれ違ってしまってるだけで

水さんが 白羽さんの意見を尊重してるだけで

完璧な悪ではないんだよね。

いるいる ありがた迷惑な事してくれる人。

結局振られてしまうけど 結構良い奴だと思う!

好きです。 中身の人贔屓抜きでも

最後の場面の ちかとなコンビのウェディング姿は

白羽さん サヨナラショーも見たことあると

最高に泣けるので サヨナラショーも是非見てほしい。

 

ミロワール

オープニング 真っ金金度が凄い。

ミロワール=鏡 ということで 衣装にも鏡が付いてるんだよね。

2008年前後の宝塚を見ていつも思うのは

今の宝塚って 10年前と比べても経済状況いいんだろうなーってこと。

凝り具合は 大差ないとしても 衣装の豪華さとか舞台装置的にも。

 

私の オススメポイントは

なんと言っても

空中ブランコ乗りの場面!!!!!

劇繋がっているの 良いよね。*1

白羽さんが 男役を引き連れて行く場面で

DVDだと 白羽さんと彩吹さんが2ショットのアップアングルがあるんですが

 彩吹さんの目線遣いが至極。

白羽さんの アダルティな場面もエロすぎず宝塚らしい品らしい麗しさもさることながら

彩吹さんの 目線使いが本当に素敵で。

目線を下から正面にゆっくり上げていくことで

アダルティ度がグインと上昇。格好良さ∞。

実は 彩吹さんに堕ちたきっかけがその目線遣いだったりします。

その後の 水さんめちゃくちゃカッコイイし

もう あの場面本当に好きです。

 

そして なんと言っても AQUA5のコーラスからの黒燕尾。

ああいう シンプルな黒燕尾 本当にカッコイイ。是非みてほしいな。

 

とまあ 色々言ってきましたが

新年らしい爽やかな二つの作品を 楽しめるのが本当にいいよね。

本当に好きです。 大好き。  

もし未見の方は 是非見てくださいね!!!(宣伝)

 

 

次は パリか 指輪とキューバの国花のどちらかです!!!いえい!(?)

*1:全ツバージョンも繋がってる