つけの つぶやき

ただただ宝塚95周年前後や好きな方を愛でるブログ

10年超えたトップ娘役っていいよねって話

別に最近からでもない気がするんですが トップ娘役さんって 5年目までにチャンスないとほぼトップになれるチャンス死んだみたいな風潮あるじゃないですか?

いや、勿論 5年目以降でも全然タイミングさえ合えばトップになってる人はいますが。

 

私、散々 水さんと白羽さんのコンビが好きだって言ってますが なぜって1つの要因に

「トップ娘役がちゃんとトップ娘役してるから」

ってのがあってですね。

いや、本当 研4でもしっかりトップ娘役務めてる子はたくさんいるんですが、

でも、よく考えてみると 研7までは新人公演出るんですよね。

って事はですよ? 研4.5の子はトップ娘役にならなければまだまだ上から教えを乞わなくてはならない子なんですよ。 

 

けど 白羽ゆりさんは 雪組に戻ってこられた時にはもう 研10 (勿論星組でトップはされましたが。) 娘役芸がしっかりどっしり培われてる時なんですよね。 

先ほど強調した トップがトップしてるからってそういう事なんですよ。 

娘役にも男役と同じように 様々なジャンルがあると思うんです。

専科や組長クラスの人が演じられる

「高齢者から中年マダム」

上級生や中堅クラスの人が演じられる

「30代後半から40代のウーマン」

路線や中堅から下級生が演じられる

「20代から30代前半の若者」

下級生が演じられる

「子ども」

と。 

 

で、 路線というかトップ娘役がよく当たるのがこの中でも 若者かウーマンなんですよね。

こう言ったら上級生に失礼ですが 路線の子は若者やウーマンを演じるプロにならなければダメじゃないですか? だっていつかは0番に立たないといけないわけですし。

そのプロって誰? 

そう。 トップ娘役さんなんですよね。

 

けど、それを教える人がが新人公演内の子がトップだったら?

勿論 路線だし そういう役は沢山巡ってくるでしょう。そこで分かってくるものもあるでしょう。伝えることもあるでしょう。

けど やっぱり 3,4年で身につくとは到底思わないんですよね。

と、白羽ゆりさんを見てると凄く思ってしまうわけなんです。

2008年の宝塚オタクな私が言うと偏った意見みたいになりがちですけど、

2008年、2009年の白羽ゆりさんが 本当に素敵で。

娘役として11年経って いい意味で貫禄がつき、元々あった大人っぽい美貌が 隣の水さんのクールさによりさらに磨かれて 大人なトップ娘役になられてるんですよね。

かと言って 大人な役しか来ないか?と言うとそうじゃなくて、 「君を愛してる」のマルキーズとか 2009年の「ZORRO」で見せたようにキュートな役柄にもぴったしハマるんですよね。

どんな服も素晴らしく着こなして 「ZORRO」なんか フィナーレシーンで娘役を引き連れて1場面センターで踊りますし、 フィナーレはトップは勿論、2番手、3番手とかわるがわるデュエットダンスを踊るんですよ。 まー...どの人と踊っても ぴったし合う。本当、ZORROのフィナーレのデュエットダンスシーンは見どころです。

 

自分でもなに言ってるのかよくわかんないですけど

要は「トップ娘役に娘役芸の成長頑張れ!」という意見は違うんじゃないの?っていう事です。

「トップ娘役はトップと同じくらい完成度を求められる存在であるべき」だと思うし、「むしろ娘役芸とはコレだ!!と見せつけられる人がなるべき」だと思う。

それが無理なら 完成度がより高い人にするべきだと思う。

それが新人公演外になるのは仕方ないのではないのでしょうか?

最初に言っていたけど 勿論今の宝塚のトップ娘役に不満は一ミリもない。

けど 研7以上の娘役さんに チャンスが徐々になくなりつつある風潮には不満がある。

娘役は使い捨てではない。トップ男役の添え物ではない。

トップ男役の低学年化に伴って トップ娘役が低学年化してる気がするんだけど、 別にトップ男役と同期だからってキレる人なんて居ないよ? 

 

劇団さん!トップ娘役さんに夢を!!!(夢とは)

 

(月組さんの人事が来る前に記事にしてみる。)