つけの つぶやき

ただただ宝塚95周年前後や好きな方を愛でるブログ

ファン活動/贔屓の結婚

あと1ヶ月半で2018年が終わるんですって。

怖っ

12月は今までと違う意味でバタつくのと色々考えてた事があるので ここで吐き出します。

 

舞台総まとめは12/29以降で。

 

ファン活動ってしんどいね

4月になって更にお金が使えるようになったので 今まで以上に行動力が上がりました。

その分めっっっちゃ体力消耗した。

すぐに体調崩すようになりました。

大概贔屓の舞台マチソワWしたとか 連続で遠征した後とか。

出待ちするようになってからはまー本当違う意味でも疲れて。気力も消耗しました。

11月の今も 体調ド底辺で風邪ひいてしんどいんですけど 来週エリザライビュ (楽しみ)

再来週ファントム (推しに会いたい)

と、まあ 11月は特別忙しいんですぐ治したいですね。 頼むよ。抗体達。12月は恐怖の実習ですよ。頼むよ、身体達。

 

あと、こうやって沢山贔屓追っかけるうちに「ファン活動って私に合わないなー」と思うようになりました。 裏の顔を知ると途端に冷めるタイプだと気づいてから何となく思ったのは半プライベートな顔を知りたくないのだな。と。

ファンサするくらいなら 真摯に役に向き合ってほしいし*1、共演者ではない誰か特定の人と話してるのを見るのはいくら贔屓でもつまらんと思ってて。「これってしんどくないですか?」ってことを人に話しても共感薄かったので

(あ、これは私がファン活動する事に合ってなかったのだな。)と。

それを決定づけたのは

10月に入って 急に謎の「今の贔屓の姿がすごい嫌いになる症候群」を発症して 一時期声を聞くのも考えるのも嫌になった時期があった事です。多分私生活がまた忙しくなったのと贔屓ロスが重なって 心がしんどくなったんだと思う。

特にウッ無理だ!と思ったのが 半プライベートなブログ等での姿で。

舞台や過去の映像見た時は素直にカッコイイとか可愛いと思えたのですが 今の姿は本当嫌で仕方なかったんですよね。 本当は美しくて可愛くて素敵な方なんですが。

今の自分の立場やこれからを考えると更に心が疲弊していくのが見えるので

2019年以降は何かない限りは 舞台観る以上の事は控えるつもりです。 推しコンビが共演とかしたりとか誕生日とかなら話は別ですが。

 

これで心が離れるならもう仕方ないと思うし ファン降りて誰か特定の人単推しとかは絶対無理なので そうなったらファン活動控えて徐々に違う趣味に集中してもいいかなとか思ったり。

 

贔屓の結婚報道しんどい

...贔屓、誰も結婚してないですけどね。

私の贔屓は女性なので 凄く色々な場面で結婚話が出てきます。 そりゃーまあそうなんですよね贔屓の周辺が 「ご報告」とブログでご報告する世代ですし。

前述した通り、贔屓のプライベートな事に全く興味がないというか 知りたくないので凄く熱愛報道とかは要らない情報です。

舞台上で輝く贔屓が1番カッコイイし可愛いし、素敵だし光り輝いてるし目立ってる。

きっと私は 「幻想の中にいる贔屓」が好きなんだと思います。

プライベートは 「現世にいる贔屓」だからこそ知りたくない。興味無い。

 

あと、私は 一人の女性として自立している人だからこそ好きなのかなーって。

俳優業ってある意味平等だから 男性でも女性でもキャリアを積む事に男女差別ないと思うので(内部状況知らないけど) 贔屓がどんどん色んなキャリアを積んでいく姿をカッコイイ!/憧れ!と思って追っかけてるから

結婚という 古来から女性の義務の様に言われている行為が来ると凄くそのギャップに苛まれるのかなーと。

あと、

結婚=誰かのお嫁さん という状況が凄く寂しいのだと思う。

自分勝手な思想だとは思っているけど 旦那さんと私たちファンは同じ「好き」という感情を持っているのに 壁があるように思えるんですよね。その壁が出来てしまった事を知りたくないんだと思います。

 

もちろん、結婚することに反対ではない。結婚する事で幸せになられるなら全力で幸せになって欲しいのて結婚してほしいし、プライベートをファンの事を考えて決めて欲しくないので もし「ファンが悲しむから結婚しません」なーんて言われてしまったら 「じゃあファン辞めるからその方と結婚してね。」と言うと思うし。

...うーん 我ながらにして矛盾した事を言っているけども 多分世論の

「結婚おめでとう!やっと幸せ掴んだね!」的なコメントに疑問を持ってるからこんなよく分からない事言ってるのかなって笑

 

ごちゃごちゃ言ってますが

結局私は贔屓を通して

「結婚出産をしなくても 女性としての人生を謳歌している人物」に憧れを抱いているから

結婚した事で その憧れをどこに向ければいいのか分からなくなってしまって 動揺するんでしょうね。

 

※贔屓の結婚に対して前向きな方をdisとかするつもりもなく、 自分のこの気持ちを変えることも出来ないので 「こういう気持ちもあるのだなー」と思って下さい。

結婚している方って本当すごいと思いますし、私は自分の事だけで精一杯なタイプなので相手や子供のことを考えて行動が出来ないので結婚されてる方を凄く尊敬しています。

 

重々しい文章ではありましたが ここまで見てくださってありがとうございます。

それではまた。

*1:決して今の贔屓が誰も真摯に向き合ってない訳では無い