つけの つぶやき

ただただ宝塚95周年前後や好きな方を愛でるブログ

贔屓には盲目で! 他には目を向けず

贔屓があたかも 教祖であるかのように 贔屓を愛する方を

「盲目ファン」なんて皮肉る時に使ったりしますが

私はその単語を使う方からしたら 盲目ファンだと思います。

贔屓の 欠点も 長所だと思ってしまいますし

結局 「そんな所も好きだ」という結論に至る事が殆どです。

 

そんな私なので Twitterでもついつい 他から見ると 盲目ファン的な ツイートばかりしているのですが

なるべく 周りの方を不快にさせないようなツイートを心掛けているようにしています。

 

Twitterを始めて2年ほどですが よく

他のファンからちょっとした批判が起こるツイートをされたファンの方がいらっしゃるきがします。

 アンチや ルール違反がほとんどですが

そんなツイートするのもったいないなーといつも見ると思います

だって 自分も批判され、周りも不快になって 

いいことないじゃないですか。

 

なのでおこがましいですが 自分もここで言ったからには忘れるなよ! という意味も込めて

自分が 何を気をつけて 皆様に見られるコンテンツで発言しているかを 記していきたいと思います。

 

1、 嫌いな方の話はしない

基本中の基本かもしれませんが

アンチは その人にとって苦手な方の話をする方が多いなーと思います

盲目ファンからすると めちゃくちゃその時間勿体無くない!? と思ってしまいます。

だって わざわざ 嫌いな方を見て

「うわー嫌いだわー」と思って 発言をするんですよね? そんな事考える暇があったら

「贔屓素敵」って言って舞台写真眺めてます笑

 

Twitterだと エゴサーチ出来ますし 嫌でも贔屓の名前を検索したら 公開設定をしていないと そのツイートが見えてしまうんですよ。

だから ファンの方にも見えてしまうし

誰が得するの?という感じです。

そんなに苦手で 直してほしいところがあるなら

「ここを直したら もっと良くなると思います」

って 手紙を出せばいいと思うんです

(勿論 相手がいるということを忘れずに)

本人に伝えればその方にとって良いアドバイスでも

本人が見えないところで言ったら ただの悪口です。

悪口に聞こえてしまうようなツイートなら 補足をたくさんつけて 推敲に推敲を重ねた上で 勘違いされないようなツイートを心がけるべきだと思っています。

 

2、自分の意見と違う意見を見ても怒らない

 

これは 受け取る側に立ったときに気をつけているのですが、

時々 RT等で回ってくるのは

アンチなど ツイート主にとっては不都合な意見を見てしまった時に スクリーンショットで撮影し

「贔屓はこんなんじゃない!」と怒っているツイートです。

もしくは そのアンチの方に 

「贔屓はそんな方じゃないです」と反論される方。

確かに ファンにとって アンチは不都合なものですし もし私の贔屓のアンチを見つけてしまったら 怒ってしまうと思います。

けれど スクリーンショットや 反論は逆効果だよなーと思ってしまいます。

もし スクリーンショットをしてツイートをすると

そのツイートを知らなかった方が そのツイートをみて 知ってしまう訳ですし

RTされてしまえば もっともっと多くの方がそのツイートをみて 心苦しい気持ちになってしまうと思うんです。

だから アンチツイートを見てしまったら

スグにアンチアカウントをブロック。

これに尽きるなと思います。

自己防衛って 絶対にした方がいいです。

だって たった140字で 贔屓疑いたくないですし。

 

3、ルールは守る

 

基本ですがこれは大切。

私も ファンになって 3ヶ月くらいの時

自分がルールを認識していなかったばっかりに あるルールを破り 周りに迷惑をお掛けてしまったことがありました。

会や宝塚のルールは 初期ファンからしたら

暗黙の了解が多く結構知らなかった! となるような事が多いです。

勿論 ちゃんと会掟を読めばいいのですが 見落としがちだと思います。

もし 誤ってしてしまった時は すぐに消す。

ルールはルールですし  破っても載せ続けるのは  ファンのイメージを下げるだけです。

 

 

大雑把に言うとこの3点。

もっと細かいことを言えば たくさんだとは思いますが

この3つを守れば する側見る側共に苦しい思いをせずに 快適にコンテンツ使用できると思うんです。

普通の社会だと当たり前なこの3つですが

SNSって そういうことが なあなあになっているなー と思います。

私は 宝塚やAKBしか慣れ親しんで来なかったので その2つの界隈の事情しか分かりませんが

他の界隈でも通じる所があるのではないかな?

と思います

 

Twitterなら たった140文字の世界。

たった140字で 贔屓を疑ってしまうような 事がこれ以上起きませんように。

(上から目線な文章で申し訳ありませんでした)