つけの つぶやき

ただただ宝塚95周年前後や好きな方を愛でるブログ

10年前振り返るオタク ~君を愛してる・ミロワール~

あけましておめでとうございます!

2017年は 気づいたら 終わってて 正直 自分のテンション的にはまだ11月くらいです。

 

今年は2018年。 そう。 

私の推し年 「2008年」から10年経ちました

おかしい。 私的には そんな経ってないんじゃないかとか思ってるんですけど

そうみたいです。

10年前... 私は〇学校でしたね。 遊び狂ってました。 宝塚には出会ってなかったけど AQUA5は知ってました。(謎の認知)

 

10年前の事を1年かけて振り返りたくて

まあ 10年前の宝塚を知らないけども 楽しみたいなと。

ということで 10年前に初日を迎えた 

君を愛してる・ミロワール~鏡のエンドレスドリーム~

を語りたいです。

紹介というより 見たことある人が あー確かにー と思えるような文章が続くので

未見の方は とりあえず見てください。

ミロワール 1月放送あります!(2018年1月現在)

 

君を愛してる

水さん時代2作目。 初大劇場オリジナル作品。

木村信司先生作品!!!

このパンフレットを見ると

木村先生のコメント欄に

「水さんにコメディ役を。そして彩吹さんに悪役を~」などと仰っていたのをちらっと見たことがあって(うろ覚えだから 内容不安)

主役や主に置くべき役者が 固定されている宝塚だからこそ そういう発想ができ

主役(トップ)に何をやらせたいかを 演出家が役者に 自由に描けるのが 宝塚の良さだよなあ

というのをいつそのコメント見ても思います。

そのパンフのコメントを見てから

「トップになるべく オリジナル作品を。」

って思うようになりました。

 

前置きが長くなった。

f:id:m-life226:20171231134310p:image

水さんは旧貴族の家柄で お坊ちゃん

白羽さんは サーカスの空中ブランコ乗りの女の子

彩吹さんは サーカス乗っ取ろうとする人(雑!!)

音月さんと凰稀さんは 水さんの友人

大月さんは 凰稀さんのガールフレンド

って感じです。※安定の役名で言わないやつ

 

幕開け

現在の2番手男役彩風咲奈さんが ピエロ姿で登場され それがピエロそのものでとても可愛い。

(白塗り×幼くて 可愛いしか言葉でない)

今思うと 研1で 大抜擢だよね。

 

亡くなった水さんのお父さんの遺産相続の場面

水さん結婚してないから結婚しないなら 弟の緒月さんに相続する

 しかも 結婚しないなら結婚相手を 凰稀さんのガールフレンド 大月さんに。

今だと 大問題な設定だよね。 結構この作品

結婚しなくちゃ 結婚しろ みたいなセリフ多くて  当時はどう思われてたかは わからないけど

「結婚しない自由もある! とか。 Twitterで議論になって反論ツイに1万RT来るやつ。

(それ言ったら舞台の話進まん)

 

そして困って 水さん酔いつぶれて 偶然教会で 白羽さんに 助けられ

そこから 潰れそうなサーカス団助ける

という流れ。

 

水さんの役は 冒頭は 他力本願で 何でも手に入るから 夢もなくて。

けど白羽さんは そんな姿に キレて 叱咤激励する。

深読み厨なので 客席にもそういう叱咤激励してるんじゃないかと 思ってしまう。

チャンスがあるのに なにも夢がないからそれを無駄にしたり

自分から 何かを行動出来ない事って 誰しもあって

だからこそ 水さんの役に親近感湧くし

白羽さんがキレる事に 頼もしさを感じるんだと思う。

現代チックな話故に 主要キャスト全ての感情が理解できるし 皆可愛い。

凰稀さんは ヘタレキャラだし

音月さんは 陽気キャラだし

どこ見ても 個性の塊すぎる。

可愛い。 

彩吹さんの 気持ちも分かる。

愛してる白羽さんを思うあまり 彼女が大切にしてるサーカス団を 守るための不器用な愛情。

それが 白羽さんの気持ちを汲まないあまりにすれ違ってしまってるだけで

水さんが 白羽さんの意見を尊重してるだけで

完璧な悪ではないんだよね。

いるいる ありがた迷惑な事してくれる人。

結局振られてしまうけど 結構良い奴だと思う!

好きです。 中身の人贔屓抜きでも

最後の場面の ちかとなコンビのウェディング姿は

白羽さん サヨナラショーも見たことあると

最高に泣けるので サヨナラショーも是非見てほしい。

 

ミロワール

オープニング 真っ金金度が凄い。

ミロワール=鏡 ということで 衣装にも鏡が付いてるんだよね。

2008年前後の宝塚を見ていつも思うのは

今の宝塚って 10年前と比べても経済状況いいんだろうなーってこと。

凝り具合は 大差ないとしても 衣装の豪華さとか舞台装置的にも。

 

私の オススメポイントは

なんと言っても

空中ブランコ乗りの場面!!!!!

劇繋がっているの 良いよね。*1

白羽さんが 男役を引き連れて行く場面で

DVDだと 白羽さんと彩吹さんが2ショットのアップアングルがあるんですが

 彩吹さんの目線遣いが至極。

白羽さんの アダルティな場面もエロすぎず宝塚らしい品らしい麗しさもさることながら

彩吹さんの 目線使いが本当に素敵で。

目線を下から正面にゆっくり上げていくことで

アダルティ度がグインと上昇。格好良さ∞。

実は 彩吹さんに堕ちたきっかけがその目線遣いだったりします。

その後の 水さんめちゃくちゃカッコイイし

もう あの場面本当に好きです。

 

そして なんと言っても AQUA5のコーラスからの黒燕尾。

ああいう シンプルな黒燕尾 本当にカッコイイ。是非みてほしいな。

 

とまあ 色々言ってきましたが

新年らしい爽やかな二つの作品を 楽しめるのが本当にいいよね。

本当に好きです。 大好き。  

もし未見の方は 是非見てくださいね!!!(宣伝)

 

 

次は パリか 指輪とキューバの国花のどちらかです!!!いえい!(?)

*1:全ツバージョンも繋がってる

ROYAL STRAIGHT FRUSH!!のパレード問題

題名がなげえ!!!!!

 

どうも 最近 重めな雰囲気を醸し出してるこのブログですが

私 宝塚ファンのジャンルの中でも 考察厨なジャンルにいて(それはジャンルなのか)

演出家の意図を 汲み取り その演出から演出家の宝塚/組子愛を噛み締めるのが 大好きなのです。

 

そこで 今回は

ROYAL STRAIGHT FRUSH!!のパレード考察

をしたい。 

 

ROYAL STRAIGHT FRUSHとは

 

『仮面の男』『ROYAL STRAIGHT FLUSH! ! 』 [DVD]

『仮面の男』『ROYAL STRAIGHT FLUSH! ! 』 [DVD]

 

 

2011年雪組公演の 齋藤吉正先生演出

舞羽美海さんトップ娘役お披露目公演 のショー作品。

トランプ(というかトランプ賭け事)をモチーフにした じわじわハマる サイトーショー。

舞台の方が 酷評に酷評を重ねたため

東京公演×2(DVD/東宝楽)が映像として残るという 謎の作品です。(すべては 運営者側が悪い)

 

私自身 この作品 めちゃくちゃ大好きで 音月さん未涼さんという 陽と陰の歌うまとか

緒月さんと愛加さんの 通し役でこのショーを引っ張る演出とか 大っ好きなんですが

 

唯一 気になるのが

パレード(銀橋大集合)のとき なんでオープニングの曲なの?

 

主題歌ではなく 緒月さん愛加さんが だるま姿の下級生と歌うやつ。 ドリーム タカラヅカの方。

ドリームタカラヅカ、 オープニングとエンディングの歌詞が違って

オープニングは

シャッフルしようぜ こぼれ落ちた ドローカードを集めて 賭けてみない?

君が知らない魅惑のMoment (一部抜粋)

(...魅惑の の後なんて言ってるの?)

 

エンディングは

ドリーミング ショータイム 歌い踊るスターカードの数々

いかがでした 君が知らない 魅惑のMoment

お別れの時近づく けどサヨナラは微笑みでグッパイ

必ず約束さ この場所で 会いましょう

人生はゲーム 辛いことがあっても また勇気出して

挫けないでね 走り出そう

人は皆 光差し込む 扉探して まどろむ旅人

譲れない 夢と言う名の君だけのゴール目指して 今日も走り出す (一部抜粋)

エンディング好きすぎて抜粋が長い。

 

一部抜粋の熱が違い過ぎて 分かりづらいけど

エンディングの方がパレードに向いてるというか

というか 「またこの場所で会いましょう」とか

オタクが何回も同じの観てるの知り尽くしてる演出家ならではの 歌詞だよね。

なのに 前者のオープニングの ドリーム~を使った。

 

色々考察した。

 

考察1.舞羽さんトップ

や もうこれが答えなのかもしれないけど

始まり=オープニング。

ということは 終わり=エンディングなのは 縁起悪い。

まあ オープニングでも 「暗闇にむせび泣く涙雨」とか 超縁起悪いこと歌詞にしてるけど

それは 置いといて。

色々あって やっとトップ娘役になれた舞羽さん。

初めて 音月さんに固定の娘役。 だからこそ これが終わりではなく、始まりだからこそなのかなと思う

 

考察2. リピート空間

宝塚は ハマると20回30回と見たくなる。

エンドレス。

もし エンディングをパレードに持ってくと

RSFは そこで終了

けど パレードで そのオープニングを持ってくると

オープニングの次の場面は 主題歌に沿っての以組子総出演の場面。 その次の場面はアリス...はい!!! エンドレス!(自分でも何言ってるかわからない)

手を振ってバイバイなのが パレードであるけども 始まりの歌って 次の場面をワクワクさせるための着火剤だから また見ようかな! と

オープニングのワクワク感を出したくてチョイスしたのかな?と

ノリノリな曲だから 楽しんで帰れる リピートできる。

 

考察3.尺調節の為

これめっちゃ辛いやつ

確かに オープニングは2分27秒 あるのだけど

エンディングは 1分45秒

パレード的には 銀橋で歌うのには 前者が良い。

けど パレードの時歌詞端折ってるから これはないと思ってる

というか これが正解だと 自分が困る

 

終わりに

いかがでしたか 私の未熟な考察たち。

暇な時 こんなことばっかしてます。

もっとエグいやつだと 1年くらいかけて温めてるやつもあったりします。卒業研究かよ。

つけのつぶやき って名目でやってるんで

また やりたい。

やってて面白いだろうなーってのは 無限に時間あったら

トップさんと 新公でそのトップさん時代主演やった組子がトップからどんなことを吸収して 自分の身体に染み付けてるか? とか。

彩風さんの銀橋登り映像、Twitterで何故か回ってきたけど 水さん銀橋登り映像(リオブラ)と 照らし合わせたいよね。(けどそういや、リオブラの時まだ主演張ってない)

 気が向いて 無限に時間あったらやる。

だいきほコンビにハマった話

私は 水夏希さん時代が大好きだ。

2007年当時私は宝塚知らない地方の少女だったから今過去の限られた映像を何回もみて ムヒムヒするタイプのヅカファンだ。

 

しかし9/17。

全ツとトップコンビと私。 - つけの つぶやき

私は あるトップコンビの虜になった

そう。

だいきほコンビ

に。

 

歌うまコンビ

ダンス得意なトップ水さん時代が好きな癖に 歌うまが好きな私。

(水さん時代も彩吹さん音月さんガンガン歌って水さん支えてたけど)

皆トップに求めるものが個々にあるだろうけど

私は

歌うまであるか否か

だった。

美しさもそりゃ必要だけど 

ある程度は出来なきゃなー ってなってしまう派オタクです。

 

...このコンビその基準らくらくクリアしたよね。

なんてこった このそしてコンビ、音圧が凄い。

劇場が震えてた。 共鳴してた。

馬鹿みたいに歌うますぎて逆にはてなマークでる。どこからその声出るの。

 

未来さんや彩吹さん、音月さんとガチンコ歌声対決したら客席に「死因:歌による圧迫死」な死亡者出たと思う。

良かった 退団されたあと雪組いらっしゃって。皆死なずに済んだね!!!(?)

 

さっきも言ったけどまー 歌が上手いコンビ。

 

望海風斗さん

花組過去作見るけども正直望海さんが下級生時代にチラッと出てきたレベルの時代が丁度贔屓2番手時代なので

それほど望海さん自体に詳しいわけじゃない

天海さんファン ぐらいしか分からな...

あ、緒月さんに岡持に付いてた210(ふーと)をニート と間違えられたエピなら知ってる!!

それぐらい。(逆にマイナーエピ感

 

けど 歌を聴いていくと

「望海さんは 歌に表情を付けるのが上手い」というのが分かった。

 



 

例えばこのサプールという曲。

「愛」という歌唱が「アムール」も入れると3回ほど出てくる。

しかし 3回とも同じ様には歌っていない。

 文章を理解し、歌詞を歌声で表現していることがとても分かる。

歌うまなら 星の数ほどいると思う。望海さんじゃなくても。

私の贔屓だってめちゃくちゃ歌上手い。

けど 表現しつつ 歌声に表情を付けて人に届けるスキルは史上最高の技だと思う。

 

真彩希帆さん

正直この方の方が全然知らなかった

星組さん ほんと観ないんだよね

まだというか観たことない。 

北翔さん時代に観とけばよかったと後悔してる...というのは置いといて

 

最初決まった時 

(うわ またカワイイ系のジェンヌさんだわ)

と顔を顰めた気がする

しかし 違った。 

 

 

宝塚GRAPH(グラフ) 2017年 07 月号 [雑誌]

宝塚GRAPH(グラフ) 2017年 07 月号 [雑誌]

 

 

我が人生に出るわ出るわの真彩さんひょうきんエピ。

なんだ 紙芝居読む受験生って。

そして確信した

真彩さん私の好きなタイプだ。

スサノオ好きな人私しかいないと思った。

分かる キムさんの役良かったよね その時娘役だったけど。

真彩さんと通じ合う心───(?)

 

...歌の話。

透明感の中にしなやかな芯が入っててなかなか折れない強さがあるから

望海さんの音圧にも耐えきれむしろ跳ね返して増大させるパワーがあるのだと思う。

色んな歌を歌って欲しい

いろんな一面があるんだと思う。 まだ雪組さんに来てから数作しかされていない訳だし

ゴリゴリに歌わせてほしい。

 

 

トップ就任特集読んで

※ここからネタバレかも

あと、私 贔屓が宝塚に居ないので購読ではなく 図書館で読んでるので 参考資料が手元にないので 間違えてたら ごめんなさい

*

...この頃全ツ稽古中なのか分からないけど 真彩さんのシャロン感がすごい。

黒い服着てるからかな?とっても大人っぽくて斜め下を向いてる写真あるけど

とっても 綺麗だった。伏し目がちの目から生える長いまつ毛が綺麗。

ワガママなオタクなので

真彩さんに 白羽さんのような 大人っぽい余裕に満ちた雰囲気のある女性像も求めてしまうからこそ

贔屓目になりつつあるのかもしれないけど

「素敵!」と感じる写真出会えて嬉しい。

 

そして 新トップ2番手写真とインタビュー

最後にして最大の水夏希チルドレンの1人、

彩風咲奈さんが 2番手として登場して下さって本当に嬉しい。 トップの歌を吸収してほしい

 

3人でのトーク すっごい面白いね! 旅行の計画の綿密さがすごい。ガチで2週間くらいの旅行させてあげてほしい そしてスカステで観たい。

そして だいきほコンビのノロケも。

初々しいー!

 

オフ画像で'' 望海さんお守りします!''

的な写真あるけど あそこの「真彩さん最強感」すごい。 望海さんより強そう 笑顔で バキイって人の骨折りそう。 つよい。

彩風さん差し置いて 最強そうなの本当面白いね笑 あーほんと知るほどに個々を好きになっていくわ...

 

最後に

私は 今まで 昔の宝塚に固執してた。

ていうか まあOGジェンヌさんファンなので 固執も何も追っかけてたらそうなった と言うのが正しいと思うんだけど。

だから 今の宝塚から離れようかな? ジェンヌ全然知らないし と思った時もあった。

けど このコンビさんの 素晴らしさを 全ツで知って どんどん好きになって 幸せになって。

お2人の素晴らしさを知った事でここには書かなかったけど 雪組に気になったジェンヌさんが出来て、その方にも目を向けよっかな?

と 思うことが出来た。

今 本当にワクワクしてる。 宝塚早く見たい。

事情があって今は観れないけど観れることになったら ひたすら応援したい。

 

とりあえず...12/3の番組録画しようと思います

そこからかよ

 

 

WSSのアニタとストーリー思い出し

WSSのキャスト発表キター!!!!!!!!

 

やーついに来ましたね。 とても嬉しい配役だったので 記事にしました。

 

和希そらさんが アニタ役!

なぜ 嬉しいのか。 それは 四季ver.を観たときの感想から 話し始めないといけません。

 

 

四季のWSS

f:id:m-life226:20171117202500j:image

観劇時の キャスト。

(上川さんと岡村さん目当てで観に行ったのは内緒)

 これいつのかな? と調べたら

去年の8/23でした。

 

去年の事だし 1回しか観なかったので記憶違いなところもあるかもだけど 一応記憶をまとめてみる。

 

アニタに魅せられて

私が見た時のアニタ役(宙は和希さん)は 岡村美南さんでした。

1幕は いいお姉さん/彼氏持ち のリア充女性。 大人っぽくて余裕に満ちた女性。

 彼氏がいざこざの中心メンバーである事は十分承知しているけど 対立に関しては

「まあ 自分には被害ないし いっか」ってくらいの認識だったって 感じ。

岡村さんが踊られてるシーンは 迫力があって

思わずオペラグラスを上げてしまったくらい カッコよかった。

1年以上も経っていて 宝塚とちがって 映像も一部しかない故に じゃあどこが凄かったか? っていうのはボヤーっとしていて マンボのあの圧倒されるイメージしか ない。

(マンボのシーンとっても凄かった。)

けど アニタの芯の強さ マリアの唯一の理解者。浅黒い肌であり且つ美しさが際立って妖艶さもある あのアニタが本当に素敵だった。アニタの立場になりたい と本気で思った。

 

幕間までは。

 

2幕

1幕の終わりで彼氏が死に、

彼氏の妹は 彼氏を殺した犯人と愛し合っている。

私も絶対 悔しさと憎さと怒りと...もうとりあえず負の感情しか湧かない。

実際アニタもそうだった。

そして、1幕のあの精神的な強さとは対照的な女性の弱さ(体力的なもの)が際立つのが2幕。

どの場面だか忘れてしまったけど

アニタは 彼氏の敵のグループに絡まれる。

襲われる。

 

いや、言葉を選ばないでいこう。

レイプされるのだ。

 

レイプのシーン 私は思わず顔を塞ぎたくなった。

なんて社会だ!!と叫びたくなった。 それくらい衝撃的なシーンだった。

抵抗できないまま 身を任せざるを得なくなる。

この時  から本格的にアニタ

2つのグループの対立を憎み始めたんだと思う。

 

2幕のアニタで印象的だったのは 1幕と違い

クスリとも笑わない姿だった 。

あんなに酷い目に会い続けているのだから当たり前だと思う。けどそれがなんとも印象的で。

 

ここまで読んでくださってるならネタバレ気にしないという方だと考え、

結末を話すと、

最後 話の中心メンバーのうち 男性だけが死ぬ。

アニタや ヒロイン(アニタの彼氏の妹)は死なない。

なんとも 女性は強し というのが感想。

今までの女性のイメージやこの作品のベースとなった ロミジュリでは ヒロインも死ぬ。

「この対立は 無意味である」 

という印象を付けるためには カップルの死はセットであるのが定石だと 私は今までの経験やイメージから勝手に判断していた。

けれど WSSは違う。

死んだ男と 取り残された女

その明確なコントラストから 映し出される

「対立の虚しさ」

が強烈に客席まで届いた。

 

思い出してみると 主人公よりも アニタの印象ががっつりすぎた。

当時は結末があっけなさ過ぎて 腑に落ちない

ところもあったけど

思い返すと素敵な作品だった。 もう1.2回は観たかったな。

 

和希さんアニタ

話は変わって本題の和希さんアニタ

こういう印象を四季ver.で受けたから

男役故の 強さを引き出すにはうってつけの役だと思う。

娘役さんは 可憐な方が多いし アニタが男役さんな事に異論はない。

まどかさんのお姉さん的な存在ってのが嬉しいねー

どんな感じになるんだろうか?

ダンスナンバーや歌のナンバーがあるから

巧い和希さんが抜擢された事に喜びしか感じない。

あまり和希さんに言及できないのは 宙組さん去年のシェイクスピア/ホッタイ 以降観れてないんからなんですよね 宙組さんの時いっつも忙しくて(言い訳)

知らないのに「ここがイイ!」とか言わないとがポリシーなので(おい)

 

はー、本当に楽しみだ。宝塚だから 番手とか気にしちゃうとかなしだからね!

すみれコードぶっちぎりな レイプシーンはどうなるんだろうか? とか気になるけど

大事なことを思い出した 

つけは梅田公演まで観れないぞ!!!!!!!!!!!

 

...レポを沢山見ます(号泣)

1日は大切だけど

今私は とある目標に向かって勉強中です。

それ故に 東京や大阪に行くといった遠征はできないのだけど メンタル面にクるタイプなので

地元公演を超厳選して観ています。

それでも結構とてもクズ行動なのですが。

 

最近 本当にしんどくて 焦りと不安と恐怖とロスで 頭ごちゃごちゃになり その勉強も手が付かない時がありまして。

丁度 気になっていた舞台が 地元であるから 行こうかなと。

とても 馬鹿だなと思いつつも 何か楽しみなことがあるのはいい特効薬で、 不安等は全く消えませんでしたが 前向きには少しなれました。

 

しかし その目標に向けて自分にとって大切にしていたテストが 1週間ずれ込み

そのずれ込んだ日が その舞台観劇の日\(^^)/

ショックで 泣きました。

久しぶりに 舞台関係で泣いた。

(緒月さん宝塚退団済みと知った時以来)

 

とても悔しくて けど クズな用事でしたし、しょうがないか という気持ちもありつつ、 けどどうしても観たくて 、楽しみにしてて、 無機質な今の生活に 唯一希望の光を差していた事が ハラハラと消えていく。

 

あまり趣味の話は友人にしないのですが 悔しくて つい話してしまいました。

それがまずかった。

「その日程で 舞台入れるのまずくない?」

「数ヶ月で終わるのに 耐えれないの?」

「耐えたら いくらでも観れるじゃないの」

「私も○○(超有名アニメ)我慢してる。」

 

超正論。 分かる 大正解。 模範解答。

100人に言ったら 100人そんな回答来るだろう という様な返事でした。

 

友人も私と同じように 目標に向かい頑張っている1人。

そして 彼女は特に人1倍頑張っています。だから その答えが真理だと思う。

しかし オタク心理としては その答えは不正解なんだ!

と叫ばずにはいられませんでした。

 

「映像化も不透明なのに。」

「不安だからこそ 目標が欲しかったのに」

「我慢? 私だって舞台10数本以上 見逃してきた。」

「再演も不透明な作品が観れないなんて 辛すぎる」

...本当に クズだなあ私 と思いながらも そう思ってしまいました。

 

1日1日は超大切。 そんな事重々承知しています。

けれど ストレスを発散する機会だって欲しい。

私は 欲しい。

それが目標に向かう者の姿勢として不正解だとしても 私には欲しい。

もし 目標が叶ったとしてもしなくても、 きっとこの1年間 舞台を観られなかったことに 後悔しかしない。

水さん時代を DVDでしか追えなかったことに少し切なくなる私なんだから。

勉強は 一時期しか出来ない。 けれど舞台も一時期だ。

どちらが優先か? そりゃ勉強だ。

けれど 心は忘れたくないのだ。

舞台オタク心が  どうしても 離れられない。

悔しいなあ。 ほんとに。

 

もうすぐ11月。

もうすぐで2018年だ。

もうすぐで この生活ともおさらばだ。

ああ 本当に しんどい。

マイナスな事言いたくないのだけど

吐き出してみた。

ブログだから。 いいよね。

 

ザ ビューティーズ

緒月遠麻さんファン歴 3年目を迎え

やっとこさ 「現役時代ファンしたかった」症候群から抜け出せたので

10月放送の ザ ビューティーズ 見ることにしました。

 

中村一徳先生演出なんだー! 全然知らなかった。

謎に ザビューティーズのテーマソングだけは知ってました。

 

この頃の花組さん そんなに知らないなーと思いながら再生した1分後

「うわ!!? 画面に必ず2人以上トップがいる! 」

ってなりました。

スターばっかりじゃん。けど

水さん彩吹さんスキー な私としては 必死に水さん彩吹さんを追っかけてました。

 

水さんのスーツの似合い度のえげつなさはこの頃から健在なんだなあ。 ワインのシーンのワインレッドのスーツ(じゃないね)とか あの前髪垂らした感じとか。 前半女役だよ...? ストレス発散で男役爆発しすぎだ。(褒めてる)

貶し愛とかではなく この頃の水さん 本当に歌、アレなんだなあ とは思った。 

「水さん めちゃくちゃ努力されたんだ」って分かる。 まだこの頃は歌の伸びもあまり無く 荒削りって感じ。

今の水さんと比べると 別人みたい。

凄いわー 水さんの上昇度凄いわー...

 

彩吹さんは新公時代だから そんなに映らなかったけど

パッと映った時 絶対カッコよくて これで研7(8?)かあ... とびっくりした。

完成系(2010年)の彩吹真央に 幼さをプラスした感じ。 ほら、かっこいいに決まってる。

水さんセンターで 5人組銀橋の場面のキメキメ彩吹さんの カッコ良さ 私が見た事ある彩吹さん映像の中でも トップ10には入るわ...

 

本当にスター揃いで この当時のトップ2番手の他に

春野さん瀬奈さん水さん蘭寿さん壮さん...

やば... この当時の花組で トップ2番手含むトップになった人数えたら 12人だった(つけ調べ)

12人て... これに初舞台の凰稀さん陽月さん入って14人か。びっくり。

濃いなー。

 

中村先生の作品 これ以外だと 緒月さんラスト雪組ショーの シャイニングリズムと ドラマチックS 

ぐらいしか ショー見てないんだけど うーん

どうなんだろ。 これは中村先生的には良作なのかな? 私、ショーのレベル基準分からないんだけど 私的には あんなにスターがいるのに ボヤーってしてるなー とは思った。

水さん ずっと出てない? ていうか 全場面 ほとんど全員出てない?

もっと なんというか 若手の場面とか あんなにスターがいるんだから そのスター達の場面作ってあげればいいのにー って思った。

若手にしては男役クオリティ高すぎな1場面 絶対作れたでしょ...

18年前だから 改編とか無理だけど。

 

さて 私のお目当ての 86期ラインダンス!!!

「これ 真ん中 高い人で並んでたら ほぼどセンだよなー」

と思ったら まさかの正解。

こゆーいお顔されてるから すぐ分かる。

というか 贔屓だからすぐ分かる。

めちゃくちゃ 緒月さんのお顔確立されてる。

凰稀さんも探したれー と思ったけど 探せなかったー... 無念。

初舞台生のラインダンス 真剣に見たことないから 知らなかったけど 皆 数グループに分かれて ダンスするんだね!!

緒月さんが 前に出られて 数人で踊られてて びっくりした。

 

44人でのラインダンス、 やっぱり緒月さんばかりみてたけど 何故か 

「緒月さんが御御足を出されて脚を上げてる」事実が信じられなかったね やっぱり初舞台生なんだ! ってなった。

 

水さん彩吹さん凰稀さん等々

スタイルが良い方々に囲まれてる 雪組/宙組に配属されてたから それほど言われてないというか そういうこと言われてるの聞いたことないけど

やっぱり 緒月さんって 脚長いし スタイルいいわー ってなったー

やっぱり タカラジェンヌかー。

 

いやー 作品のレベルとか考えず ただただスターを見るには この作品めちゃくちゃ良い

というか やっぱり 我得作品だったー\(^^)/

水さん彩吹さん緒月さん 3人が同時にいらっしゃるの

これと水さん時代の雪組だけだから。

 

1回しか見てないから ぼーっと見てしまったけど もっと回数積めば 新たな発見あるかもだけど

緒月さん初舞台作品 見たよ記念ってことで 書いてみました。

あー オタクたのし。

 

 

つけのつぶやき ~OGとファン~

最近 微々たる人生のうち 1番無機質な生活を送っています つけです。

無機質過ぎて ちょっとの贔屓摂取で胸が苦しくなります。

 

贔屓じゃなかったら大丈夫だろう。と思い、前々から仲良くさせていただいてるフォロワーさんのオススメとして 挙げられていて、

タカラヅカグラフの彩吹さんサヨナラ特集の号で掲載されていて(呪)気になっていた

「紫子」

が、スカステで放送されていたので

見ることにしました。

 

紫子の 感想は 今このように文章化してしまうと 本当に作品を汚しかねない事になってしまうのと私情が一段落したら 深く考察したいので 割愛させてもらいます。

 

...とりあえず...憎きかな我がOGセンサー。

霧矢さんが 好きで見ていたのに

青樹泉さんに 心惹かれていました。

そう。 芸能活動されてない方...に。

 

後追いファン つけ の1番辛いこと。

「贔屓のために お金を出せない」

ついに そういう方に惚れてしまったのか と少し絶望を感じました。

 

今まで好きになった方は 全員 芸能活動をされていて、 お金と時間とタイミングが許せば 毎月贔屓のための時間がさけたのです。

そして SNSをされている方は より定期的に新たな一面を見せる贔屓を見ることが出来ました。

けれど されていないと 出来ない...

後追いファンには地獄だなと。

(後追いファンに限定しているのは 私が現役さんファンしたことないから)

 

誤解して欲しくないところは

退団後も 芸能活動されているから偉い とかじゃなく。

もし私の贔屓が一般人となられたとしても  どこかで自分の理想を追い求め続けている姿を想像して 心の中で応援すると思います。

一般人だから ファンじゃなくなる とか そういうのじゃなくて、

心の拠り所が 何か一つでもあるって 幸せな事なんだな。 と改めて感じた訳です。

 

そして ファンとして 公演の思い出や パンフ等、何か残るのって 当たり前じゃないんだって すごい思いました。

贔屓が これから何をしたいか というのは いくらファンでも 決めることは出来ない。

私の贔屓は 全員 芸能活動されてますが

明日、 表舞台から降りるかもしれない。

ご結婚され  芸能活動を休止されるかもしれない。

だから 全力で ''今''を 追っかけるべきだな と感じました。

 

私の贔屓、お1人SNSをされていて、 結構な頻度でOGジェンヌさんがご登場されるのですが

その度に 贔屓ではなく 登場された方がヒューチャーされてしまっていたので

「もっと 贔屓をみて!」と毎回思っていたのですが

今 活動やSNSをされていないOGさんのファンからしたら たった 1枚の写真が 数年ぶりの贔屓だったり、 今何をしているか分かる情報だったりするんだな

と気づいた時 自分の愚かさに気づき 恥ずかしくなりました。

 

前もつらつらと偉そーに言いましたが

やっぱり 現役時代は ほんのわずかだし 贔屓が宝塚にいる時に ファンやれるって 結構奇跡だよな と本当に思います。

それにプラス、 自分も もっと全力で贔屓を愛し抜きたいな と思いました。

宝塚は分かりませんが

後追いファンは 敬遠されがちなイメージがあって 本当にコンプレックスですが 

こうなったら そんなもんとっぱらって  ファン生活を楽しみ抜きたいです。

 

という 意思表示をした所で...

2017年はもう 贔屓の姿を生では見られないんだけどね...はよ来て 2018年!!

 

そして 青樹さんが とてもカッコよくて 本当に生きてる姿(大袈裟すぎ)を 生で見られないことに 絶望を感じている! はああ...本当に憎きかな 我がOGセンサー...(2回目)