つけの つぶやき

ただただ宝塚95周年前後や好きな方を愛でるブログ

生で宝塚のエリザベートを見た。

今回、月組ファンの方にお声がけ頂いて エリザベートを観ることになった。

http://www.jrtours.co.jp/keyword/jr東海ツアーズ宝塚歌劇/

 このツアー(個人旅行)で行ったのですが JRがある一定の日時の一定の席を仮押さえしているらしく、ギリギリになっても 「〇」(ツアー予約可能)なので、「先行も一般も落ちた!コネもねえ!」という東海3県にお住まいの方 は、是非どうぞ。S席だと 大体24列目、B席だと大体12列目のセンター寄りです。

このツアーのお陰で 「るろ剣」の時 月城さんが真後ろに来て死にました。(すぐ死ぬやつ)

本当、エリザのみならず、ファントムとかも土曜にチケットおさえてある感じ優秀なので 高額販売民に買うより 先に こっちみて!!!

※新幹線はこだま号しか乗れません

もしくは、近鉄でも同じようなツアーあるのでそっちも見てみてはどうでしょうか?

 

さて、本題に入ります。

今回、珠城さん月組エリザベートを観たのですが 実は、水さん時代の雪組で上演された作品の再演を見るの、初めてだったんです。

('16のエリザ、その頃全然やる気なくて 贔屓の舞台ですら全然観てなかったので 普通にスルーしてました。)

なので 感想つらつら言ってきたいと思います。

最近昼夜逆転しすぎて観劇日も3時間睡眠なのでエリザ雰囲気レポになります。

 

 

※筆者、エリザ、見ず嫌いしてたので水さん時代のエリザしか見たことありません。

 

珠城トート

我が地元(少し違う)の星。

私、水トートの喜怒楽(哀は行方不明)溢れる表情豊かなトートしか見たことなかったので、珠城トートのいい意味で表情の薄いトートが凄く新鮮でした。

シシィが死を拒否するけど やっぱり「本当はシシィはトートが好き」と考えているから 気持ちに余裕があって 自分のメンツ保ててるんじゃないかな?って。 (水トートはシシィに拒否される度に悔しそうなので シシィに自分のプライドズタズタにされてる様子が分かります。)

同じく驚いたのは最後の 昇天の場面。 安堵の表情かと思いきや あまり表情が変わらなかったところが黄泉の帝王として「シシィに愛されるのは当たり前」という余裕さが見えてとてもニヤニヤしちゃいました。

 

ただ、珠城トート 高音がかなり恐い。宝塚の後半とか東京で喉潰れそう。 前公演のときも感じたのですが 珠城さん高音が苦手な正統派な男役Voice(?)してるので トートのような高音から低音まで歌いこなす役だと凄く大変だなーと。(初演が歌うまだった分 トートの曲歌いこなすジェンヌって本当大変...)

 

愛希エリザベート

正直な所凄く期待していなかったシシィでした。7年もやってりゃエリザベートもお手の物でしょうし。だから

観劇前、「ある程度高いレベルまで持ってくんでしょwハイハイwちゃぴちゃん凄いねw95期凄いですねw」なんて心の中でほざいてたのを懺悔する。

...うん。やっぱり凄いわ。 あんなに自分の娘役像に合わないものでさえ自分のものにしていく技術凄すぎる。正直、愛希さんってショースターじゃないですか?  静より動だし、歌よりもダンス、美人さんというより可愛い子。

そんな、愛希さんのポテンシャルを少し抑えて新たな「愛希れいか」を生み出したのがエリザベートだったのかもしれないな。と。

もし、ショー付きの作品がサヨナラ公演だとしたら 新たな「愛希れいか」は存在してないのかもな と思った。 愛希さんにあった、愛希さんにふさわしい作品が。エリザのようなみんなが緊張感もってやらなくてはいけない作品ではなく、月組が余裕を持って、作品を楽しむことができて、見送りやすい作品がになっていたんじゃないかなって。

 

おてんば娘だった子供が女性になっていく中ただ「自由」を求め生き続けていく。

そこで王邸のしきたりや夫の裏切り、子供の死にというひたすら自由とは縁遠い出来事に遭遇するなかで だんだん愛希シシィの雰囲気が陽から陰に色濃くなっていくのが分かりました。

そして昇天の時にはまた明るい真っ白なオーラに包まれていて、さすが。と思いました。

ありゃー7年の力だ。

 

と、考えていたら演技とか見れなかったので愛希シシィはほかの方のレポ参考にしてください

こんなにべた褒めしといて何ですが やっぱり愛希シシィも高音大変そうでした。元々男役さんやるぐらいだから 大変だよね...

 

美弥フランツ

私、いくら贔屓が演じていてもフランツだけは苦手でして。 多様性と言われている世の中だからでしょうか? 「慣例だから耐えろ」という考えをもつゾフィーやフランツが苦手です。

彩吹フランツをみてフランツの印象は

「根底にゾフィーが鎮座してる流されやすいおぼっちゃまくん。(裸じゃない方)」

だったのですが、美弥フランツは

ゾフィーの考え方を持つものの しっかりと自分の意思をある程度持ってる(行動出来るとは言ってない)おぼっちゃまくん

だと思いました。

お見合いの場面でも 彩吹フランツ、シシィの存在知る前まで無表情に近く、その表情から

「全然お見合いに興味ないけど ママがやると言うから仕方なく参加する」という印象を持ちました。

しかし、美弥フランツは召使いに微笑みかけていたりと表情が柔らかかったので

「内心は周りの人間(客席)には分からないですが 『このお見合いを円滑に進めよう』」とする意思を感じました。

だから シシィの部屋の前で懇願する場面も 

ゾフィーよりシシィが好きだから助けて♡」という甘えより

「シシィの助けを借りたら立て直せるかもしれない」という 考えを持ったから行動した(勿論、それまでお互い精神面で支えあえていないからすぐ振られる)のだなと解釈できるなーと思いました。

なので 少し彩吹フランツよりフランツが頼もしく思えたし、もしかしたら フランツ、シシィと分かり合えるかもという希望的観測が出来たのが凄く印象的でした。ま、再演ものなので絶対そんな事ないとは分かってはいましたが。

 

やはり、美弥フランツも 高音がヒヤヒヤします。 すっごい恐い。けど低音は良かったです!! あと、前作よりも「星組出身」な声でした。 (星組公演かな?)という歌声が聞こえたら美弥さんでした。

 

エリザベートという壁

10作ものエリザベートがあると やっぱり個人的ベストなバージョンがファン個人個人にあると思います。

私自身、水さん時代の雪組が大好きだから 水さん雪組バージョンが ナンバーワンだし 結局今回の珠城さん月組バージョンよりも好きだと思いました。

というか、 珠城さんが出ていても後ろに水さんが立っているような感じがして 今自分は水さん時代のエリザ見てるのか珠城さん時代のエリザみてるのか 頭ゴチャゴチャになりました。

パレードでも 美弥さんが出てきた時涙出てきたんですが3時間睡眠の弊害なのか 一瞬「彩吹さん出てきた」と勘違いしてしまったからなのでした。 どんだけ頭混乱してるんでしょうね。私の頭(^^)

また、やっぱり好きなバージョンがあると 何かと比べてしまうのだな。と 痛感しました。どれだけ素晴らしいパフォーマンスをしようが 「〇〇さんのやつとは...」と比べられてしまうし

過去のほかの方のレポ見ても 「〇〇さんのやつより□□だったから...」という評価が多かった。

やはり 大作ミュージカルって偉大だし 初演や好きなバージョンを超えるのは凄く難しいのだなと思う。初演って しっかりした宝塚版のお手本が無い分「過去の作品見ました」みたいな新公的な行為が出来ない。 だから 常にその人がパイオニアであり、スペシャリスト。

再演以降は どれだけ新しいことをしても お手本と比べてしまうから「その役には合わない」という評価になってしまうのではないかな?と感じた。 それは仕方ないことであるし それでも最高のものを作り上げていくから 再演が続いていくんでしょうが...

だからこそ、 

「珠城さん時代月組が 初演ならば どの人たちももっと広い視野で楽しめたのではないかな?」という気持ちになりました。

トート、シシィ、フランツ像がより柔軟に見れたのではないかな? という気持ちにしかならなかった。 私はもうカチコチに凝り固まってるので...

 

ま、ダラダラ言ってきましたが 全く悪くなく凄く楽しめたので 観劇予定の方はぜひ楽しんでください!!!!

GReeeeNのライブが自分の理想だった

それは一つのLINEから始まった

高校の友人からの「GReeeeNのLIVEいかない?」から───

 

という訳で 8/10、GReeeeNさんのライブに行きました。

いつも、贔屓の舞台ですら感想かかないのに(めんどくさいから)こんな感じに残そうと思ったのは題名の通り、「あ、これ私が出会いたかったもんだな」と思ったからです。

 

歌手と顔

私、劇団四季の作品を学芸会でやったことから舞台好きになって以来 AKB以外の楽曲を流し聞きするレベルしか知らないので GReeeeNさんの情報もめちゃくちゃ少ないんですが

GReeeeNさん、お顔出しされてないじゃないですか。 本業との兼ね合いでという事が理由というのは知っていたのですが ライブ参加する前まで、顔出ししないって歌手的に損じゃない?と凄く思っていました。

今はだいぶ番組も少なくなってきましたが、楽曲を披露する場は全て顔出しする必要のあるテレビがほとんどでその他は?と考えると かなり視聴数が限られてしまいがちなラジオになってしまうし。

けど、ライブ見たあとにガラリと印象が変わりました。

あ、歌手は皆顔出ししないほうが面白いかも

と。

JPOPはアイドルと歌手に分かれていると思っていて、アイドルと歌手をごっちゃにしてるからパフォーマンスの違いからお互いのファンの貶しあいがある印象なのです。

 

私、以前歌手の部類に入るGReeeeNさんと同じボーカルグループのライブに参加したのですが そのグループの評価を見ると「歌上手いけど顔良くない」って言うのがあって

あ、この意見アイドルとごっちゃになってるな。という気持ちになったんですよね。

 

アイドルで可愛い!という気持ちにならないって結構悲惨で、口パクでも可愛ければ人気になるし歌よりもそういう自分を魅せるためのパフォーマンス能力が高い人が上に立っていくだろうし(実際、私の好きだったAKBのメンバーも群を抜いて可愛いのに自己プロデュースが苦手っぽくてあまり人気じゃなかった)。

だから、アイドルが歌手になるって言っても そりゃ アイドル(歌唱力より自己プロデュース重視)から歌手(自己プロデュースより歌唱力重視)の評価になると、一気に総合評価が下がるため、ググっと人気がなくなるというのは仕方がないと感じる面もあります。

宝塚もそうで一個前の暇つぶし記事にも「宝塚とは?」という項目に「アイドルの理想」的に書いたのは

勿論口パクはダメですけど歌下手だけどカッコよかったり(可愛かったり)等の自分をセルフプロデュース出来たり、上に行ける人は大概生まれ持ったものが宝塚内でもよかった人だと思うので それがアイドルの上に行ける人と酷似してると思ったのでそう書いたんですよね。

だから全てが出来る必要は無い。顔がよければ。

しかし、歌手(アイドルと定義していない人)って顔関係ない訳で、とにかくいい曲をその人の歌唱力で人に届けないといけない。

だけど人ってやっぱり見た目で印象を決めてしまうので その歌手のビジュアルが自分の好きなものではなかったら惹き付けない。

けどGReeeeNさんの場合は まず顔出ししていないから 顔の善し悪しでそのグループを決めつけないんですよね もし、GReeeeNさんが苦手って人がいるとしても「GReeeeNの歌声や曲が苦手」という感じで しっかり曲と向き合って好き嫌いを判断できる。ビジュアルで勝負しない分、良い歌がすんなりと多くの人に浸透するんだろうなと思いました。

(アイドルの下り要らないかもしれないですが、ちょっと思ったので蛇足だと思っても書きたかったので)

 

ライブパフォーマンス

私、GReeeeNさん顔出ししないのにどうやってライブするのか全然知らなくて というか最近まで 「ライブの時は顔出しするよ☆」かと思ってたレベルでした

「顔出ししないとか言いつつ、GReeeeNさんのファンの方はライブの時にメンバーの顔見てるんだろうなー」ってめちゃくちゃ勘違いしてました☆

実際は、Wiifitのトレーナーみたいなビジュアルなメンバーの歌ってる映像をみてた訳なんですが(見てたって適切な表現なのか不安だけど)

そんなん見て楽しくないだろって思うやん?

ググってライブ形式見た時私も思った。

「は?歌ってる映像みるだけ?つまらんやん」と。

超たのしい

全てが映像ならではの演出がめちゃくちゃ面白かった

ストーリー仕立てだったり、メンバーのビジュアルが変わったり その時の展開によって違うメンバーの違う曲が聴けたり。

ライブならではな、メンバーと目が合うとかメンバー同士のわちゃわちゃみて楽しいとかアドリブなどのファンパフォーマンスが出来ない分、視覚で楽しめる演出が盛りだくさんでした。

普段、ライブや舞台だとセット設営をすることで「このライブのコンセプトはコレだ」と分かるし、その為に 場面ごとにセットが変わる事で視覚で伝わるんですがセット設営って時間かかるし金かかるから多くは変えられないけど、

映像だから一瞬で場所変わる。

例えば、 その時、メンバーは室内にいるという設定の背景の中で歌っていたりトークしてたとしても 一瞬で屋外にいるという設定の背景になったりといわゆる舞台でいう盆みたいな感じを映像が担っていました。

(伝わらんかもしれないけど まだライブ続く感じだったので ネタバレ出来ないのです。)

同じ印象を持ったのは 初音ミクのライブ。

【公式】ボカロライブ2016 in ニコニコ超パーティー【祝・ミク10周年!】~NICONICO CHOPARTY 2016 VOCALOID LIVE~ - YouTube

その場に居ないけど 居るみたいな気持ちになれるし すっごい面白い。

YouTubeで調べたら GReeeeNさんのライブ映像、無断転載のやつしかなかったのでその目で見てほしい。

 

あと、初心者特有の「歌知らないから楽しめない」みたいな初心者殺しなライブって多いじゃないですか AKBのライブ行った時も自分が公演見てないのが悪いんですけど 公演曲や地方グループの歌もあって ノリきれないって事があって、初心者ノリきれないから浮くんじゃないか?と不安だったんですが、

これも映像演出よ。

テレビ番組でもテロップで歌詞流れるけどああいう感じじゃなくて

歌詞表示もMVみたいな映像で曲ごとに毎回違った表示の仕方 してて

「あ、この曲は恋愛ソングなんだ」とか「これは盛り上がる夏ソングなんだ」とか初心者が置いてかれない配慮されててめちゃくちゃよかった

(語彙力とネタバレしないように配慮すると伝わらないのすごいネックだな...)

 

とにかく、曲を届かせるために映像による曲の雰囲気を伝えるための演出が凄まじかった。

 

なぜ私の理想だと思ったか

パフォーマンスの所の私の説明で伝わったかはともかく、

とにかく パフォーマーありきのライブでは決してなかったなという気持ちになったからです。

パフォーマーからのファンサってめちゃくちゃ嬉しいもので 目が合ったとかってすっっっごく気持ちがいいものです。推しが好きってめちゃくちゃそのライブ行こうって気持ちにさせてくれる。 そのライブや舞台が駄作でも。

歌手として活躍されてるのかな と思ってた人(グループ)でもファンの話聞くとまず最初に「推しの顔が好きでー」なんてよく聞くことですし。

実際私も舞台見るの好きですがそれは舞台好きなのではなく贔屓がいるからなのかもなと思う時もある。

そのくらい顔って重要だし ビジュアルで売ってない人なんて限られてると思う。

というか、顔がわかる状態で、人が何かを評価する時、例え作品主義を謳っているものだとしても顔(表情)の印象って特に大切にされるわけだし、同じものでも人が違えばかなり評価が変わってくるのは仕方ない面がある。

ので、ライブで曲という作品がフラットに評価できるグループってGReeeeNさんぐらいなんじゃないかなと思ったのが1つ。

 

あと、ビジュアルが好きでライブに行く人もいれば  とにかく歌を聞きに来たという人もいるから そこでの認識の違いからマナーの善し悪しがあったり ファンの方向性がグループ分けする可能性もあるのもたしか。

けど、GReeeeNさんのファンの方々は歌も楽しみでかつそのライブを楽しみにしてるから皆楽しむためのファン同士のマナーがめちゃくちゃよかった

言っちゃえば全て映像だから予定外の事があれば 映像とそのライブ会場が噛み合わなくなってつまらなくなるんだけど、みんな楽しむために来てるから予定外のことはしないのでマナーがクソ悪くて気分悪いなんてことが全くなかった。 

というか、マナー悪い態度させるみたいな要素がライブ中に無くさせるほど 映像演出がめちゃくちゃ楽しくて引き込まれるから 皆それに夢中になるんだろうなって。

舞台でマナー悪くさせる要素って結局自分の興味がその舞台上になかった時に生じることの方が多いから。(座高や前かがみとかは除く)

あと、何度も言うけど顔が分からないからこそ 曲に集中できるので、曲好きだなって人なら皆楽しめたライブだと感じました。

 

このGReeeeNさんのライブを見て、やっぱり舞台を見る時にどれだけ人のビジュアルにばかり目を向けていたのかが凄く理解出来たし、どれだけ作品だけに集中できてなかったかがよく分かるなーと思うことが出来た。

それが良いのか悪いのかは作品によって違うけど、その事実が分かっただけでも新鮮で自分の中でも革命起きたなって感じた。

 

本当、革命起きるのでGReeeeNさんのライブ、一生に1度は見た方がいいよ。

 

 

 

 

本気で伝わらない文章でしたが、7900円出す価値はとてもあった。

 

 

暇つぶし

f:id:m-life226:20180803235441j:image

このブログが社会派になってしまってるので方向転換。

Twitterフラーっと見ていたら この画像見つけたのでつらーっとやってみる。LINEのタイムラインで死ぬほどこういうのやったな...流行ったな...懐かしい。

 

1,Twitterネーム

テキトーに作ったのでなし 名前はリアルなあだ名

 

2,ヅカファン歴

2015年9月。 初めて好きになったジェンヌさんの退団7ヵ月後に好きになったよ☆

 

3,好きな組

水夏希さん時代の雪組

今も雪組推し。

 

4,贔屓(好きな人)

水夏希さん彩吹真央さん緒月遠麻さんは 女優さんとしても好きなので追っかけてます。

現役さんはほとんど同じくらいの熱です。お知り合いの推しを応援してます。

 

5,6 好きな作品

舞台:マリポーサの花(2008年雪組)

主に男の友情を描いた作品で 初めて見た時は衝撃受けすぎて 当時の持ってた手帳に素晴らしかった点を5.6ページにかけて書きなぐった思い出があります。

今でも精神安定剤みたいな役割してて、本当に辛いことがあった時 みるようにしています。

水さんも彩吹さんも好きな役として マリポの役をあげてくださってたので幸せ。

ちなみに エスコバルが好きです。

仕事と私どっちが大切なの?とか言わないので一緒にいてほしい*1

 

ショー: カルネヴァーレ睡夢 (2010年雪組)

当時の宝塚にどんな事件があろうと、このショーは傑作として心に残ってます。

大階段に頼らずジェンヌさんの力で作られた珍しくなってしまったトップにも何も装飾が付いていない正統派な燕尾服での群舞

オープニングはお祭りの賑わいを表しているのに終わりに近づくと起こる祭り特有の哀感が上手く表現されている作品だと思うし、ショウジキ 稲葉センセイ ノ サクヒンデ イチバンヨイ サクヒンダト オモウ

 

7,好きなトップコンビ

水夏希さんと白羽ゆりさんのコンビ

白羽さんの娘役芸が確立しているからこそ、にじみ出る安定感がとても好き。

大人っぽいアダルティなコンビだと感じる。

 

8.9好きな男役娘役は

特にいません。特定のジェンヌさんに情を持つと良くないと贔屓で思い知らされました。

 

10,好きな衣装

基本的には スーツが好きです。

父親が仕事柄スーツ着ないからか 無意識下で男性に対する憧れがあるのかもしれません。

特定の作品を挙げると

マリポーサの花の デュエットダンスの真っ白な衣装。

劇中では最後会えなかった2人がフィナーレで再会して、結婚式を挙げてると解釈すると胸アツです。

シンプルなドレスが好きです。

 

11~15 各組のいい所

語るほどは観てないので 省略

 

16,好きな場面

好きな人が 怒ったり絶望してたり闇落ちする演技をする場面が好きです。

絶対にそのような経験したことないであろう方が 役に入り込み全身全霊をかけ演技されてるのをみるのが好きです。

喜怒哀楽の中で 1番怒哀が難しいと思うので それを心に落とし込み演技として昇華できる人が基本的に好きです。

 

17, 好きな演出家

正塚先生一択。

今はメランコリックジゴロの人みたいになってるけど、作品を成立させるために寡黙な中の演技を求めるため、新人公演だと学芸会のようになってしまうくらい男役歴がものを言うのが最高にシビレるなと思うのでとても好きです。

 

18,贔屓の好きなスチール

贔屓のスチールで最高!と思えるものに出会ってないので 贔屓以外でいうと、

「マリポーサの花」の白羽ゆりさんのスチール

「ソルフェリーノの夜明け」の音月桂さんのスチール

 

19,宝塚といえば?

アイドルの理想形

 

20,自分の思う宝塚あるある

衣装の使い回し萌え

 

21,どんな役演じてみたい

通行人か 宝塚大劇場の客席に座る人

 

22,23,今までの演目で笑ったり泣いたりする演目

笑う: 緒月さんがひょうきんな役されてる演目

 

泣く:「ロジェ」1度見たらオープニングの時点で過呼吸になったので 1人では見れないです。

私に拷問するならこの演目見せてほしいです。

多分これ全篇見る時は よーし☆劇団を呪うぞ☆って時です...

 

24,初観劇

2016年宙組 シェークスピア/HOT Eyes

偶然にもちぎみゆ観劇時でしたので、初めて生で見たタカラジェンヌは ちぎみゆコンビ

 

25,好きな贔屓のエピソード

水さんファンの方から聞いた

(退団後)水さん彩吹さんが出演された朗読劇、息ぴったりなのに 息合わせる練習は一切せずお互いが通じあってたということ。

2人っきりで海外旅行に行った事

基本、彩吹さんの「水さんのことよく分かってるの私です」っぽい発言が好きです。

 

26,好きな期

ないです。 好きな人たちが同期まみれなことはあるけど、全員を好きな訳では無いので....

(真面目か)

 

27,好きなスカステ番組

こだわりセレクション

好きすぎて「革命」がお題の時、

マリポーサの花の革命シーンを応募しました。

見事に 日本やフランス革命の中で 明らかに異色な場面が流れてて応募した私がふふってなりました。

 

28,よく見る映像

マリポーサの花 一択

 

29,ファンになってよかったこと

フットワークが軽くなったこと。

 

..終わったー!!

自分でやっといてなんですが めちゃくちゃめんどくさかった!笑

自己満足な自己紹介でした\(^^)/

 

 

 

 

*1:このネタがわかる人はきっとAQUA5のイベントを知ってる人だ

愛原実花さんから考える、トップ娘役育成

最近、娘役さんが本当に好きで、よく娘役さんメインの場面を見たりするんです。

ドSのコーヒールンバとか本当好きです。

 

娘役が好きだから

最近騒がれてるトップ娘役にさせるための劇団の推し方、自分もめちゃくちゃ考えました。

 

私、やっぱり水夏希さん時代の雪組がとてもとても好きで。 それは白羽ゆりさん、愛原実花さんというどちらかと言うと大人っぽい、水さんに似合う娘役さんだったからなんですが

 

その中でも 愛原実花さんってやっぱり異色なトップだったなってやっぱり思うんです。

もし、私がその当時からの宝塚ファンだとしても2007年のエリザから追っかけたとしても、勿論白羽さんは途中で辞められるなとは考えるし、その後任は?となったら晴華さんとか大月さんかな って考えるんだろうなと。

勿論、愛原さんも新人公演トップされてますし、バウで主演もあるし、ありえるとは考えますが 明らかに大劇場での推され方は違う。と。

「君を愛してる」を例に出すなら、大月さんはメインキャスだし晴華さんも娘役の扱いとしては1つ飛び出たポジにいたと思う。

愛原さんは? 新人公演初主役。

推され時期が1歩 遅いんですよね。

 

それで、何が言いたいかって 愛原さん叩きじゃなくて(前の記事でも述べましたが めちゃくちゃ愛原さん好きです)

 

トップにしたいくらい推すなら推す方も全力で上げない?

って事なんですよね。

大穴って言われたくないじゃないですか どの人でも。 急に推されれば金コネ。 そして、周りの人の視線も怖い。

 

愛原さんは研6就任と宝塚在籍10年がジェンヌさんとして完成とするなら、

娘役としてもまだまだな時期での就任なんですよね。せめて白羽ゆりさん(約8年目で星組トップ娘役就任)と同じ時期となるとあと2年足りないわけです。とくに白羽さんは、雪組で2番手娘役ポジで活躍されてから星組雪組トップですし、どうしても比べられると キャリアが違いすぎる。

 

じゃあ、愛原さんはその時期にトップになるべきでなかったか?

それはNOです。

だって 別に研5でも実力十分と太鼓判を押されてトップになってる娘役さんいるじゃないですか。

宙組トップ娘役の星風さん

 

何度も言いますが推し方ですよ。

星風さんと愛原さんの違いは 

「主役やメインキャストとしての経験数」

爆上げながらも星風さんは特に主演として場数を踏んだジェンヌさんだと思います。

新人公演主役は勿論ですが、朝夏まなとさんやのちの相手役である真風涼帆さんとコンビを組み、伶美さんと共にではありますが、2番手娘として、たくさんの経験を一気に積ませたイメージがあります。

勿論、芸やメイクは上級生ジェンヌに負けるかもしれませんが、主役としての自覚を持つための期間も取れ、伶美うららさんが退団ということで比較されることはあっても

たくさんの主役作があるからこそファンの抜擢されることに対する「なぜ?この子が?」という声は無かったと思います。

 

だからこそ、愛原さんは大劇場の本役で大役も任されたこともないのに「はい、あなたがトップ娘役ね」ってそりゃないですよ。

ゾロで音月さんの妻役にさせようがあ、こりゃメインキャストに選ばれたという事実を作りたいだけだなという魂胆がバレバレすぎて本当萎えます。 ゾロ好きなのに。

だから私は、愛原さんは好きですが、愛原さんを推した当時の劇団関係者は嫌です。

例え、カネコネでトップになろうが 手順があったはずです。 

 

トップ男役は2番手期間等、あれほど大切にされてるのに 娘役は2番手期間あろうがそれはトップを支える為だけであって 男役より更にトップになる保証なんてない。

 

なんだかなあという気持ちにしかならないです

 

過去にも現在にもそういう扱いからのトップになった娘役さんってちょいちょい居ますがやっぱりどの方も 「なぜ?」という意見になるし、その方になることを反対する意見も多い気がします。

けどもし、大劇場でメインキャストになってからトップになってたら、別に叩かれることなく終わってたんだろうなーって。

 

 やっぱり、推されるって重要だと本当に思う。

トップ以前の経験って大切。

 

その人に実力があろうとなかろうと、運営のせいで矢面に立つ羽目になるのはジェンヌさんであることを本当に感じてほしい。

ジェンヌさんの心は鋼ではない。

 

 ここまで来ると、「そんなに嫌ならファンやめれば?」と言われそうだけど、

私は タカラジェンヌは好きだけど、バックにいる運営者が好きじゃないだけなので 多分これからなにかない限りはゆるーくファンでい続けると思う。

 

10年超えたトップ娘役っていいよねって話

別に最近からでもない気がするんですが トップ娘役さんって 5年目までにチャンスないとほぼトップになれるチャンス死んだみたいな風潮あるじゃないですか?

いや、勿論 5年目以降でも全然タイミングさえ合えばトップになってる人はいますが。

 

私、散々 水さんと白羽さんのコンビが好きだって言ってますが なぜって1つの要因に

「トップ娘役がちゃんとトップ娘役してるから」

ってのがあってですね。

いや、本当 研4でもしっかりトップ娘役務めてる子はたくさんいるんですが、

でも、よく考えてみると 研7までは新人公演出るんですよね。

って事はですよ? 研4.5の子はトップ娘役にならなければまだまだ上から教えを乞わなくてはならない子なんですよ。 

 

けど 白羽ゆりさんは 雪組に戻ってこられた時にはもう 研10 (勿論星組でトップはされましたが。) 娘役芸がしっかりどっしり培われてる時なんですよね。 

先ほど強調した トップがトップしてるからってそういう事なんですよ。 

娘役にも男役と同じように 様々なジャンルがあると思うんです。

専科や組長クラスの人が演じられる

「高齢者から中年マダム」

上級生や中堅クラスの人が演じられる

「30代後半から40代のウーマン」

路線や中堅から下級生が演じられる

「20代から30代前半の若者」

下級生が演じられる

「子ども」

と。 

 

で、 路線というかトップ娘役がよく当たるのがこの中でも 若者かウーマンなんですよね。

こう言ったら上級生に失礼ですが 路線の子は若者やウーマンを演じるプロにならなければダメじゃないですか? だっていつかは0番に立たないといけないわけですし。

そのプロって誰? 

そう。 トップ娘役さんなんですよね。

 

けど、それを教える人がが新人公演内の子がトップだったら?

勿論 路線だし そういう役は沢山巡ってくるでしょう。そこで分かってくるものもあるでしょう。伝えることもあるでしょう。

けど やっぱり 3,4年で身につくとは到底思わないんですよね。

と、白羽ゆりさんを見てると凄く思ってしまうわけなんです。

2008年の宝塚オタクな私が言うと偏った意見みたいになりがちですけど、

2008年、2009年の白羽ゆりさんが 本当に素敵で。

娘役として11年経って いい意味で貫禄がつき、元々あった大人っぽい美貌が 隣の水さんのクールさによりさらに磨かれて 大人なトップ娘役になられてるんですよね。

かと言って 大人な役しか来ないか?と言うとそうじゃなくて、 「君を愛してる」のマルキーズとか 2009年の「ZORRO」で見せたようにキュートな役柄にもぴったしハマるんですよね。

どんな服も素晴らしく着こなして 「ZORRO」なんか フィナーレシーンで娘役を引き連れて1場面センターで踊りますし、 フィナーレはトップは勿論、2番手、3番手とかわるがわるデュエットダンスを踊るんですよ。 まー...どの人と踊っても ぴったし合う。本当、ZORROのフィナーレのデュエットダンスシーンは見どころです。

 

自分でもなに言ってるのかよくわかんないですけど

要は「トップ娘役に娘役芸の成長頑張れ!」という意見は違うんじゃないの?っていう事です。

「トップ娘役はトップと同じくらい完成度を求められる存在であるべき」だと思うし、「むしろ娘役芸とはコレだ!!と見せつけられる人がなるべき」だと思う。

それが無理なら 完成度がより高い人にするべきだと思う。

それが新人公演外になるのは仕方ないのではないのでしょうか?

最初に言っていたけど 勿論今の宝塚のトップ娘役に不満は一ミリもない。

けど 研7以上の娘役さんに チャンスが徐々になくなりつつある風潮には不満がある。

娘役は使い捨てではない。トップ男役の添え物ではない。

トップ男役の低学年化に伴って トップ娘役が低学年化してる気がするんだけど、 別にトップ男役と同期だからってキレる人なんて居ないよ? 

 

劇団さん!トップ娘役さんに夢を!!!(夢とは)

 

(月組さんの人事が来る前に記事にしてみる。)

他ジャンルファンの無知は罪にならないか

SNSは 凄い繊細なものだと思う。

ルールやマナーから外れた行為をした投稿すれば叩かれる。

 

いつだったか 絵を描かれるファンの方が絵を描く人からしたらタブーとされている事をしてしまい、「知らないから大丈夫」と発言したことにより大炎上した事があった。

 

で、今回の某芸能人の 宝塚ツイについて。

知りませんでした。 というのは仕方ないので置いておいても(というか 現役さん本人に聞いてないのはおかしいと思うけどね?)

 

周りの人が その人の行為についての善悪を言うのはちょっとよくわかんない。

 

一ファンの大炎上のときも今回の件もそうなんだけど

そのルールを知らない人が「その事よくわかんないけど 大丈夫だよ!」って 本当意味わからない励ましじゃないですか?

 

前者も「その行為をする事で その人や周辺が迷惑になりうる」から禁止されてたのに 「あなたの絵は素敵だから大丈夫」という その絵を描く人のファンが 励ましてて

後者も 「宝塚のイメージ的に プライベートを大っぴらにされると イメージダウンに繋がる場合もありうるから 禁止されてる」のに周辺が 「宝塚のルールは閉鎖的で意味わからないから 知らなくても大丈夫」と。

 

????? やっぱり意味わからないな。

 

というか、分からないとか言われても

ルールって普通そういうもんじゃないんですか?

その界隈でしか通じなくないですか? 日本とアメリカの法律が違うように、 界隈同士で通じるところってそんな多くはないですから。

宝塚だと靴はヒール履いてこようが大丈夫だけど ライブでは危険上ダメでしょ?

 

私の中ではルールに時代遅れもクソもないと思うんです。 なぜならルールに時代遅れや必要ないものがあるとしても 結局そのルールは消えてくから。

例えば、すみれコードの 「タカラジェンヌゴハンシーンは全カット」の様に スカステでご飯番組や旅番組がある以上仕方ないし そのルールが適応されると尺取れないじゃん。 というか、ジェンヌがかすみ食べてるなんて思わないから消えるじゃん。

 

やっぱり「そのルールおかしい」って決めるのは 他ジャンルファンではない。

宝塚でのルールで独特なのは

「本名、年齢いわない」 とか 「結婚禁止」とか結構あると思うんですけど

それは やっぱり104年の宝塚で 形成されてきた宝塚のイメージを壊さないためであるんですよ。

本名知れるチャンスは 存分にあるし 本人からのエピソードから年齢だって知れる。けど

「もうあの方30代だから...」とか知りたくなくない? 

ほらそういう事なんだよ。

 

他ジャンルファンからしたら 年齢も本名もどうでもいいことだけど そのジャンルファンからしたら興ざめになる情報なんですよ。

プライベートも同じく。

 

相変わらずの まとまってない文章ですが

つまりは

 

ファンは 他ジャンルのルールに口出しするな!!!

 

ってことです。宝塚ファンだからキレてるというより

そのルールを知らないのに 大丈夫(OK)と言っちゃうファンにキレてるので 宝塚関係じゃなくてもキレてると思うよ。

異論は違うところでどうぞ。

意思は変えるつもりはない。

スカイステージとジェンヌと新人公演と。

祝☆宝塚スカイステージ、HD配信!!!!!

祝☆綺麗な顔の人が公式番組で綺麗なまま配信される!!

 

...はい。(体力使い切った)

 

という訳で今日は宝塚スカイステージとOGファンって事を考えていきたい。

 

宝塚と宝塚OGって結局切っても切り離せないもので。

OGになっても宝塚がモヤのように後ろについているじゃないですか。

で、宝塚の公式チャンネルな宝塚スカイステージでも やっぱり 月に1回は絶対OGが出てるんですよ。OG情報を教えてくれる番組もあるくらいですし。

で、だ。

私は正直 宝塚は現役ジェンヌさんよりもOGジェンヌのファンです。 隠せない。

しかし、その方が辞めた数年後に好きになった訳で、宝塚スカイステージで何も情報を得てないんですよ。

現役ジェンヌのことなら タカニ*1であったり、

ナウオン*2で分かるんですけど、(勿論、タカラヅカオンデマンド*3で見ればいいんだけど。)

OGジェンヌや上級生現役ジェンヌの過去の作品で見れない大切なものが1つだけあるじゃないですか?

 

そう。

新人公演の映像

そりゃさ? トップお披露目の時や退団公演時には大々的に放送してくれますよ?

私、何度も言うんですけど 贔屓が退団した半年後に好きになってるんですよ?

無理じゃん。 見れないじゃん。

スカイステージで放送されない割には ペラーっと現役もOGも 新人公演の話するじゃないですか? 

公式で得れない情報がそこにはある─── って感じじゃないですか?(なんだそれ)

何が困るって それなんですよね。 宝塚の作品は勿論トップさんの魅力に合わせたもので作られるんですけど、 トップさんの思い出や要望に合わせて作られたりもするんですよね。

例えば、紅ゆずるさんのスカピンとか。

けど、もし、最近紅さんファンになったら ピンと来ないじゃないですか? 「え?なんでスカピンで皆盛りあがってるの?」って成るじゃないですか?

いや、勿論ググるでしょうし新人公演主演作は知ってるでしょうけど ファンになったらその映像見たくなるじゃないですか?

 

見れないじゃないですか

 

じゃあ何する? 

 

無断転載された映像探しに動画サイトやSNS行くじゃん。

 

いやw新人公演ごときでwってなるかもしれないんですけど、 本当死活問題すぎません?

いつファンになろうとも 絶対見れてない作品があるのに 貴重な出演作の一つでもある新人公演だけは見れないんですよ?なのに ジェンヌはその思い出を語るんですよ。

ジェンヌが悪いんじゃないんです

公式で見れないのが辛いんだよ!!!!

 

どうしたらいいんですかね... 毎回応募する時にご要望の欄には「過去の作品の新人公演を放送してください」って言ってはいるんですけどね。

何人ご要望したらいいんですかね?

 

公式様! HD移行完了したら 新人公演も恒常的に放送頼む!

 

(もし良かったら 「ルートヴィヒ2世」とか「スサノオ」の新人公演と...か...(ファンの偏った願いの塊))

*1:宝塚の情報をタカラジェンヌがアナウンサー、レポーターとなり伝える番組。属世界で災害や極悪非道な事件が起きようがこのニュース番組だけはいつもキラキラしてる。

*2:ナウオンステージ その名の通り、その時に上演されている作品について数名のタカラジェンヌが語る番組。 正直好きな人が出てないと眠い。話のメリハリがないと好きな人いても眠い。

*3:動画配信サービスの事。過去のタカニュで放送されたコーナーも配信されてる。だから「スカステ入れない人のためにアップします(^^)」は迷惑行為でしかないから気をつけような。10年以上前からあるコンテンツだぞ^^