つけの つぶやき

ただただ宝塚95周年前後や好きな方を愛でるブログ

1日は大切だけど

今私は とある目標に向かって勉強中です。

それ故に 東京や大阪に行くといった遠征はできないのだけど メンタル面にクるタイプなので

地元公演を超厳選して観ています。

それでも結構とてもクズ行動なのですが。

 

最近 本当にしんどくて 焦りと不安と恐怖とロスで 頭ごちゃごちゃになり その勉強も手が付かない時がありまして。

丁度 気になっていた舞台が 地元であるから 行こうかなと。

とても 馬鹿だなと思いつつも 何か楽しみなことがあるのはいい特効薬で、 不安等は全く消えませんでしたが 前向きには少しなれました。

 

しかし その目標に向けて自分にとって大切にしていたテストが 1週間ずれ込み

そのずれ込んだ日が その舞台観劇の日\(^^)/

ショックで 泣きました。

久しぶりに 舞台関係で泣いた。

(緒月さん宝塚退団済みと知った時以来)

 

とても悔しくて けど クズな用事でしたし、しょうがないか という気持ちもありつつ、 けどどうしても観たくて 、楽しみにしてて、 無機質な今の生活に 唯一希望の光を差していた事が ハラハラと消えていく。

 

あまり趣味の話は友人にしないのですが 悔しくて つい話してしまいました。

それがまずかった。

「その日程で 舞台入れるのまずくない?」

「数ヶ月で終わるのに 耐えれないの?」

「耐えたら いくらでも観れるじゃないの」

「私も○○(超有名アニメ)我慢してる。」

 

超正論。 分かる 大正解。 模範解答。

100人に言ったら 100人そんな回答来るだろう という様な返事でした。

 

友人も私と同じように 目標に向かい頑張っている1人。

そして 彼女は特に人1倍頑張っています。だから その答えが真理だと思う。

しかし オタク心理としては その答えは不正解なんだ!

と叫ばずにはいられませんでした。

 

「映像化も不透明なのに。」

「不安だからこそ 目標が欲しかったのに」

「我慢? 私だって舞台10数本以上 見逃してきた。」

「再演も不透明な作品が観れないなんて 辛すぎる」

...本当に クズだなあ私 と思いながらも そう思ってしまいました。

 

1日1日は超大切。 そんな事重々承知しています。

けれど ストレスを発散する機会だって欲しい。

私は 欲しい。

それが目標に向かう者の姿勢として不正解だとしても 私には欲しい。

もし 目標が叶ったとしてもしなくても、 きっとこの1年間 舞台を観られなかったことに 後悔しかしない。

水さん時代を DVDでしか追えなかったことに少し切なくなる私なんだから。

勉強は 一時期しか出来ない。 けれど舞台も一時期だ。

どちらが優先か? そりゃ勉強だ。

けれど 心は忘れたくないのだ。

舞台オタク心が  どうしても 離れられない。

悔しいなあ。 ほんとに。

 

もうすぐ11月。

もうすぐで2018年だ。

もうすぐで この生活ともおさらばだ。

ああ 本当に しんどい。

マイナスな事言いたくないのだけど

吐き出してみた。

ブログだから。 いいよね。